投稿日:

簡単!おいしいピリッと刺激的なお酢を使った中華ドレッシング

普段、ドレッシングは購入したものを使用することが多く、ちょっとマンネリ化してきました。
たまには食事に変化をつけたいなと思い、自分でドレッシングを作ってみることにしました。
ドレッシングを作るって、結構面倒なのでは?と思いきや、意外にも調味料を混ぜるだけで簡単に出来上がるんですよ。

 

醤油大さじ2、砂糖小さじ2、お酢小さじ2、ラー油小さじ1/2~1、ごま適量を混ぜるだけで簡単に中華ドレッシングが出来上がります。
ちょっとお酢を多めにすると酸味がきいてまた美味しいドレッシングになります。
ごま油も少し入れるとより一層ごまの香りがします。

 

またすりごまを加えてもごまを感じやすくなりますよ。
もちろんサラダにかけても美味しいのですが、お肉を焼くときに使っても美味しくなります。
お酢にはお肉を柔らかくする作用があるので、普段よりふっくらとした味わいになります。

 

自分で作れば量も加減して作ることができますし、保存も2~3か月は持つので、ある程度量を作っておくのも良いかもしれません。
たまには違う味を楽しみたいときにおすすめです。

投稿日:

お酢のダイエット効果について

運動や食事制限なしで痩せる…と言ったら、ダイエットサプリの宣伝のようですが、お酢には、飲むだけで痩せるほどのダイエット効果があると言われています。我が家はべんりで酢という合わせ酢を使い色々な料理に使っています。
お酢に含まれる成分としてよく知られているのが、酢酸やクエン酸、アミノ酸ですが、お酢にはその他にも数十種類の有機酸が含まれています。有機酸にや、脂肪分解や脂肪燃焼を促す効果があると考えられていて、さらに内臓脂肪を減少させる効果も確認されています。
お酢には血糖値の上昇を緩やかにする効果もあります。血糖値が上昇すると、体内では、インスリンが分泌され、血液中の糖分をエネルギーに変えて血糖値を下げようとする作用が生まれます。その際に余った当分は脂肪として蓄えられてしまうため、血糖値の上昇を抑えることは、糖尿病の予防になるだけではなく、ダイエットにもつながります。
また、お酢に含まれる酢酸やクエン酸は腸内環境を整える働きがあるので、便秘の解消にもつながります。
何をしても痩せない、と言う人は、現在のダイエット法に、お酢をプラスしてみるといいかもしれません。ただし、空腹時にお酢を飲むと胃が荒れてしまうので、必ず食後に飲むようにしましょう。

投稿日:

料理にお酢を加えると塩分を減らせます

お酢には脂分の粒子を小さくする効果があるので、料理にかけるとさっぱりさせることができます。美味しい料理を作るには味が重要です。味をつけるためには塩を使用するのが一般的ですが、十分な味を得るためには大量に使用することになります。そこで料理にお酢を使用し、酸味を加えることで塩分の量を減らすことができます。お酢は塩味を引き立たせる効果があります。上手にお酢を利用することで少量の塩でも料理を美味しくできます。

 

塩分の過剰摂取は高血圧を招きますが、お酢の酸味が高血圧を防ぎます。さらにお酢は血圧を上昇させるホルモンの分泌を緩やかにする効果があります。高血圧の場合に毎日大さじ1杯から2杯のお酢を摂取すると、血圧を下げることができます。一方血圧が正常な人がお酢を飲んだ場合でも、過度に血圧が下がる心配はありません。
お酢は血圧を正常に保つ効果に加えて、食後の血糖値上昇を抑える効果もあります。塩分を減らして料理を美味しくするだけでなく、糖尿病の予防・改善にも有効です。

投稿日:

お酢でドロドロ血液を改善させよう

生活習慣病を予防することは、その年齢にかかわらずとても大切なことですね。若い人でも、心臓が悪くなったり、脳高速になるなど心配なことがあります。そのため、毎日の食生活を意識して改善させることが大切ですね。

 

そんな時、お酢に注目をしましょう。お酢は、なんといっても血液の中のどろみを少なくする成分が含まれているのです。それはクエン酸やアミノ酸等です。調味料でそれができるのは、とても嬉しい事ですね。

 

ドロドロ血液は、よいことはありません。そのままにしていると、生活習慣病になることは目に見えているのです。毎日の食事で気をつけることとして、脂肪分を控えるとと同じように、お酢を意識して料理に取り入れるようにしてみませんか?

 

年間多くの人が、心筋梗塞や脳梗塞などを発症しています。その人たちは、食事が大きく関係しているといっても過言ではありません。毎日の食事でちょっとしたことの積み重ねが、そのような結果となるのです。毎日のお酢で、健康対策を始めましょう。

投稿日:

生活にお酢!外国人夫の家族の使い方。

お酢はお料理に使ったり、健康のために飲むものと思っていましたが、外国人の夫の家族は飲食以外のことにもお酢が使います。あまりにじゃぼじゃぼ使うので、結婚当初はとても驚きました。
まず、食洗器を回す時、洗剤代わりにお酢を入れします。洗濯機を回す時は柔軟剤1に対しお酢1の割合で混ぜたものを柔軟剤を入れるところに入れします。また、お掃除をする時は、バケツ1杯の水にコップ1杯分くらいのお酢を入れたもので拭き掃除をします。さらに、お風呂の時はリンスやトリーメントの代わりにお酢を使い、熱が出ればお酢を使っていわゆる冷やしましょうと言われている部分を冷やします。
こんなに生活がお酢で溢れていたら、家全体がお酢臭くなりそうですが、そんなことはぜんぜんありません。なんでそんなにお酢を使うのかと聞くと、清潔が一番、全てを消毒してくれるからとのこと。
細菌に対する効果は自分の目で確認できることではないので、専門家も認めるところとしか言えませんが、髪の毛に対する効果についてははっきりということができます。ご興味がある方はお試しになられてみたらいかがでしょうか。

投稿日:

お酢の健康効果を紹介

お酢が健康にいいことは知っている人が多いでしょう。それなら何故健康にいいのかと言えば酢の主成分の酢酸には血圧を上昇させるホルモンを抑える作用があります。さらに酢には糖の吸収を穏やかにすることで食後の血糖値の上昇を抑える効果が期待できます。

だから毎日大さじ1杯の酢を摂取することで血圧を下げることが出来ると言われています。また糖の吸収を穏やかにすることでダイエット効果も期待できます。ちなみにお酢は調味料として料理に使用するのもいいですし、リンゴ酢、黒酢といったお酢を薄めて毎日飲む習慣を付けるのもいいでしょう。近年は飲むタイプのお酢が販売されているので美味しく飲めて健康を目指すことが出来ます。

他にもお酢には疲労回復効果、便秘解消もあるので意識してお酢を摂るように心がけて下さい。あと特に気温の高い季節にお酢を摂取することをお勧めします。お酢には夏バテを予防する効果もあるので健康的に毎日を過ごしたいという人は是非摂取するようにして下さい。

投稿日:

一人暮らし男性のおいしい酢の物の黄金比

皆さん、お酢って健康にいいと言いますよね。健康のためにもたまには酢の物を食べた方がいいと思います。しかし、一人暮らし特に男性ですと作るのが面倒だと思います。しかしとても簡単に作る方法があります。今回は簡単な酢の物のご紹介です。

きゅうりとワカメとツナの酢の物

きゅうりはスライサーが簡単。ヘタを落とし、サッサと切っていきます太さはお好みで。細い方がなじみやすいと思います。

ワカメは、乾燥ワカメがお手軽です。できれば伊勢さんとかのほうがいいです。ワカメにこしがあります。水に入れて戻します。
ツナは、油をよく切りますが、ほんのり残したほうが油分があって美味しいです。

以上が材料です。酢の物なので、酢を合わせます。酢、みりん、しょうゆを1:1:0.5の割合で混ぜます。
お酢は特にこだわりないですが、みりんはみりん風調味料より本みりんのほうが味がいいと思います。
そして、できたお酢と材料を混ぜれば完成です。
混ぜてあえるだけです。保存も効きやすいのでおすすめです。ぜひお試しくださいませ